肌がダメージを受ける原因

乾燥と紫外線を抑えることが大前提

スキンケアは栄養補給とダメージ軽減という2種類の方法に大別されます。肌に美容成分を与えるケアは元気な肌を実現しますが、人によっては思うような結果を得られません。そうした人は外的なダメージを強く受けており、肌修復が間に合っていない可能性があります。日常的に肌が受けるダメージで顕著なものは乾燥と紫外線であり、この2つを極力抑えていけばスキンケアの効率は倍増するでしょう。

肌が乾燥する理由は保湿ケアの不足があり、例えば入浴後にそのまま眠ると肌が急激に乾燥します。入浴後は化粧水でうるおいを与えてから眠るようにしてください。紫外線は肌最大のダメージですから、いかに照射を避けるかが大切です。帽子や日傘を使用しつつ、UVカットアイテムを活用しましょう。

身体を元気にすれば肌も強くなる

夏バテや寒さなども肌にダメージを与えるので、体調管理を徹底して内側からもケアする必要があります。身体が疲労やストレスを感じているときは、肌も非常にダメージを受けやすい状態にあります。まずは質のよい睡眠をとって、気持ちよい朝を迎えてください。寝不足は肌のターンオーバーを乱れさせ、新陳代謝の悪化や古い角質の蓄積などを招きます。肌のダメージといえば外的刺激をイメージするかもしれませんが、身体にかかる負荷も無視できません。身体がダメージを受けているのに、肌が影響を受けないはずがないのです。疲労やストレスは肌免疫の低下を招き、乾燥や紫外線耐性を低下させます。日ごろから睡眠の質向上と癒しを意識した生活を心がけてください。