スキンケアによるダメージの予防効果

皮脂の過剰な分泌を防ぐ

少し汗をかくだけでも毛穴から大量の皮脂が分泌されてしまい、毛穴に汚れが詰まる事が多い人は皮脂を落とすためにスキンケアを始めてください。
毛穴に皮脂が詰まっているとニキビの原因菌となるアクネ菌が増えてしまい、丁寧に肌を洗っているつもりでも定期的にニキビが発生します。
炎症のダメージが消えないうちに再びニキビが発生すると、跡形がシミのように残ってしまう事もあるので、アクネ菌が繁殖しにくい環境を作る事が重要です。
洗顔を済ませた後には保湿用のジェルなどを使い、皮脂を分泌しなくても肌の湿度を保てるように工夫するだけでも、アクネ菌が増えないように対処できます。
菌類の繁殖を防ぐ成分が含まれているジェルもあるので、肌の悩みに合わせて保湿用のジェルを選んでください。

紫外線とメラニン色素に対処

紫外線が原因で肌が日焼けしている事に悩まされている人は、紫外線を避けるために日傘などを使うだけでなく、肌に蓄積したメラニン色素にも対処してください。
毎日のように自然光を浴びていると、肌の深部にメラニン色素が発生してしまい、その色素が表皮に出てくる事でシミが増えていきます。
メラニン色素の影響が表皮に出てくる前に対処するためにも、肌のターンオーバーを改善する効果が期待できる、最新のスキンケア用品を活用してください。
肌を摩擦する事でも色素が沈着してしまうので、洗顔を済ませた後にはタオルで優しく肌を拭く事をおすすめします。
タオルで肌をこすっているだけでも表皮の一部が削れていき、肌のバリア効果が薄れる事で紫外線の影響を受けやすくなります。