スキンケアの効果と個人差

紫外線や肌の乾燥は大敵!

顔のたるみは、加齢だけが原因ではありません。肌の乾燥が大きな問題です。肌が乾燥してしまうと、新陳代謝が落ちやすくなり、角質がはがれにくくなります。角質は、水分を殆ど含んでいないため、皮膚の表面がカサカサの乾燥肌になってしまいます。保湿が十分に保たれない状態になり、顔に張りや弾力が無くなってしまうのです。対策として、肌をみずみずしく保ち、保水をしっかりと行うことがポイントです。この準備段階が、コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品を使う効果を高めます。濃厚な保湿成分を肌に与えることで、たるみの改善につながるでしょう。

紫外線にも注意が必要です。紫外線が真皮まで入り込み、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞を傷つけてしまいます。コラーゲン不足により、皮膚の老化現象が始まるのです。UVケアは、夏場だけではなく一年を通して行いましょう。特に、光老化の原因であるUVAを如何に抑えるかが重要です。

いつまでも瑞々しいお肌を保とう!

睡眠不足はお肌に大敵です。充分な睡眠を得られないと、コラーゲンの減少を引き起こします。その結果、筋肉が衰えてしまい、顔のたるみに繋がってしまうのです。成長ホルモンの分泌を盛んにするために、質の良い眠りを取るようにしましょう。

また、顔の筋肉である表情筋を、普段からあまり使わないでいると、たるみが目立ってしまい実年齢よりも老けて見えてしまいます。顔の筋肉を使い、意識的に口角を上げるようにしましょう。そうすることで、頬が上がるようになり、顔に立体感が生まれます。肌に弾力が出て、見た目の印象がアップするでしょう。顔がたるむ前の早期予防を意識すると共に、たるみの改善にはスキンケアとエクササイズが基本になります。

個人差があるため、今まで紹介した内容が全ての人に当てはまるわけではありません。しかし、スキンケアとエクササイズの基本を実行していけば、いつまでも瑞々しいお肌であり続けるでしょう。